ルパンの娘 ネタバレ犯人!Mのハンカチ?原作の最終回結末で厳は?

2019年夏ドラマ

深田恭子さん主演の2019年夏のフジテレビ木曜ドラマ「ルパンの娘」。

泥棒と刑事の禁断の恋を描いたドラマで、

横関大さんの小説が原作となっているドラマです。

今回はルパンの娘ネタバレについて犯人最終回結末までのあらすじなどをご紹介していきます!

ルパンの娘の真犯人は誰!?

イニシャルが書かれたハンカチがヒント?

 

 

 

 

 

 

 

ルパンの娘の犯人ネタバレ!原作小説より

 

主人公の三雲華は図書館で働く25歳の女性。

そんな華は図書館で桜庭和馬と出会い、2人は恋に落ちます。

しかし華には秘密があり、それは家族が代々泥棒一族のLの一族だということ。

泥棒一族と警察官一家にそれぞれ生まれた男女。

2人の恋は実るのか…?

ルパンの娘の犯人ネタバレの前に原作の小説について

横関大さんの小説が原作となっているドラマ「ルパンの娘」。

原作は2015年に単行本が、そして2017年に文庫本が発売されています。

その小説の構成は4章からなっています。

◆ルパンの娘の小説の目次

第1章「刑事と結婚する方法」

第2章「刑事は泥棒がお好き」

第3章「招かれざる泥棒」

第4章「泥棒より愛をこめて」

 

原作が1冊の小説で構成も4章なら原作を読んでみたい!という方は、

是非小説でルパンの娘の物語を先取りされてみてください。

原作を読む時間がないけどネタバレを知りたいという方はこのまま下へお進みください。

 

 

 

 

ルパンの娘のネタバレ!犯人はイニシャルM!ハンカチの持ち主は誰

 

ルパンの娘のネタバレ!犯人はM?

ルパンの娘はLの一族という泥棒一家の三雲華(深田恭子)と、

警察官一家の桜庭和馬(瀬戸康史)の禁断の恋を描いた作品ですが、

その裏で2人の恋に大きくかかわる事件があります。

それは華の祖父・厳の死でした。

華のおじいちゃんであり、華が子供の頃からスリの英才教育をしていました。

 

そんな華のおじいちゃん・厳は、華が桜庭家に行った日、

何者かに顔をつぶされた遺体として発見されます。

警察では、巌の偽の指紋データであるホームレスの立嶋雅夫と判断され、

華たちは素性がバレるため警察に家族だと名乗りを上げられませんでした。

そしてその事件現場に落ちていたのはMというイニシャルが書かれたハンカチだったのです。

このハンカチは厳の遺留品として処理されます。

 

厳を襲った犯人は誰なのか?

その人物とは……

 

 

 

 

 

 

 

 

和馬の先輩刑事である栄一(加藤諒)でした!!!

 

和馬にアドバイスをしたり、同じ厳の事件の捜査にあたっていたのの!?と思われた方も多いことでしょう。

もともとMと書かれたハンカチは厳の遺品として処理されていました。

しかし、和馬が調べていく中で、Mと書かれたハンカチは被害者の遺品ではなく、

犯人の持ち物だということに気付くのです。

そしてその人物が警察であり、事件当時アリバイがない人物を調べた結果、巻が犯人だと判明したのです。

 

ドラン
ドラン

勘のいい方はMというハンカチが犯人のもので、

イニシャルM=巻と予想されたことでしょう^^

 

ではこの巻という男の正体は何者で、犯行の理由はなんなのか?

 

ルパンの娘のネタバレ!犯人・巻の動機は?厳と和一の関係

 

巻の犯行理由は、巻の祖父・英輔に頼まれたからというものでした。

実は、華の祖父・厳や、和馬の祖父、和一(藤岡弘)などの過去の話に関係がありました。

 

華の祖父・と和馬の祖父・和一学生時代からの知り合いで、

和馬の祖母で和一の亡き妻である伸枝が和一と付き合うきっかけを作ったのが厳でした。

そしてある日、和一に代わり厳が伸江を送っていく際、暴漢に襲われたのです。

なんとか厳がその暴漢を撃退し、その後厳はずっとその犯人を捜し続けていたのです。

 

そして厳は巻の祖父・英輔が当時の犯人だったことを突き止めたのです。

しかし、巻の祖父はそのことを口止めさせるため、孫の巻に厳の殺害を頼んだのです。

巻も、なんでもこなす優秀な弟に対するコンプレックスがあり、

祖父の英輔に頼れたことが嬉しくてその頼みに応じたのです。

 

結局、華たち三雲家と和馬の協力で巻を自白させることに成功し、

巻は逮捕されました。

 

 

ルパンの娘のネタバレ!原作の最終回結末で華と和馬は?厳は?

 

ルパンの娘のネタバレについて、犯人の巻に焦点を当ててご紹介しましたが、

主人公の華と和馬の関係や、本当に厳は生きているのか気になりますよね!

ここからは華と和馬などに焦点を当てて原作の最終回結末まのであらすじをご紹介していきます!

 

 

ルパンの娘のネタバレ!華と和馬の関係

 

和馬が華たち三雲家がLの一族だと気づく

華の祖父・厳の事件を捜査することになった和馬は、

調べていくうちに被害者の立嶋雅夫という人物は偽りで、

本当は華の祖父である伝説のスリ師・厳であることを知り、

そしてその厳が華の祖父、つまり華たち三雲家が泥棒一族・Lの一族であることに気付きます。

 

華とは結婚の話までいっていたため、衝撃の事実に戸惑う和馬。

そんな和馬に対して、祖父の和一がもともと厳とは古い付き合いであり、

祖母である伸枝との関係を作ってくれたのが華の祖父・厳であることを話します。

 

 

一方の華も、やはり泥棒一家と警察一家が一緒になることはできないと考え、

和馬に結婚はやめようと言います。

それに対し和馬も、例え話と前置きし、

とある泥棒一家の証拠を掴んでいて逮捕することを考えているが、その泥棒一家が足を洗えば逮捕しないと話します。

その後2人は今までありがとうと言い合い別れるのでした…

 

その後、和馬は警察官としての正義をまっとうするため、三雲家を摘発することを決意

その結果、華と和馬の結婚の話は白紙になります。

 

和馬は巻のいとことの結婚を控える

華たち三雲家は指名手配犯となり、行方をくらませます。

三雲家の摘発から一年後。

和馬は巻に紹介され、

巻のいとこの橋元エミリという女性と見合いをし結婚することが決まっていました。

 

ただ、和馬の中にはまだ華への想いが残っていました…

そして厳の事件の真相についても調べ続けており、

その結果犯人が巻であると気づきます。

 

一方で、和馬の結婚の話を知った華の兄・渉(栗原類)は、

結婚式で和馬を盗み出すことを計画します。

そして結婚式当日、三雲家は和馬を見事盗み出します。

和馬ははじめこそ驚きますが、

逆に三雲家に厳の事件の真相を話し、巻を逮捕するため協力を求めます。

 

そして巻を見事逮捕し、そこで初めて華と和馬が再会

華も和馬はお互いまだ愛し合っていることを知り、

和馬は家を出て華と暮らすことを決意しました。

 

ルパンの娘の最終回結末!華と和馬は?厳は生きている?

 

華と和馬が一緒に暮らし始めてから数か月たち、

2人は新しい三雲家に呼ばれました。

するとそこには和馬の祖父・和一

そして華の祖父・もいました。

実は厳は生きていたのです。

 

厳は祖父が犯人であることを突き止めますが、

相手が警察官であることから、身代わりを使って謝罪を要求しました。

その身代わりとは本当の立嶋雅夫というホームレスでした。

立嶋雅夫が命を奪われたのは調子に乗り金を要求したたためでした。

 

その後、逆に立嶋の事件を利用し、

厳と和一は華と和馬をくっつけようと計画したのです。

遺体に巻のハンカチを忍ばせたのは厳で、

遺体の顔面をつぶしたのは和一でした。

そしてなんと和馬を華がいる図書館に通わせたのは和一で、

2人が付き合ったことで、そのまま結婚させようと計画したのでした。

 

まんまと2人の手のひらで踊らされた華と和馬は、

2人の思惑通り愛し合うことになったのです。

 

ただ厳と和一も想定していなかったことがありました。

それは孫の誕生でした。

華は妊娠していたのです。

 

 

というわけで、見事ハッピーエンドで物語は終了というわけでした!

ドラマ「ルパンの娘」も原作に沿った形でハッピーエンドを迎えることでしょう!

なんなら和馬が三雲家の仕事を手伝うオリジナル展開も?笑

 

それではルパンの娘の最終回までの放送をお楽しみください!

 

ルパンの娘を見逃した方は➡ルパンの娘の見逃し配信&再放送

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク