監察医朝顔の主題歌EDは折坂悠太の「朝顔」!発売日?大注目歌手!

2019年夏ドラマ

上野樹里さん主演の月9ドラマ「監察医 朝顔」(フジテレビ2019月曜夏ドラマ)。

久しぶりの上野樹里さんの月9主演で話題となっているドラマですが、

主題歌を歌う歌手についても注目があつまっています!

今回は監察医朝顔主題歌オープニングエンディング)について、曲名や歌手、歌詞などについてご紹介していきます!

 

 

 

 

 

 

 

監察医朝顔の主題歌は折坂悠太の「朝顔」!

監察医朝顔の主題歌OP/EDについてご紹介していきます。

監察医朝顔の主題歌の曲名や動画

監察医朝顔の主題歌を歌う歌手は折坂悠太(おりさかゆうた)さんで、曲名は「朝顔」です!

 

主題歌の「朝顔」のPV動画などは発表され次第掲載しますが、

タイトルからもわかる通り(主人公の名前が朝顔)、

監察医朝顔のために折坂悠太さんが書き下ろした楽曲です。

この折坂悠太さんというアーティスト、初めて名前を聞いたという方もいらっしゃるかと思いますので、

折坂悠太さんについてご紹介していきます!

 

折坂悠太とは

 

生年月日: 1989年9月(29歳)

出身地:鳥取県

活動開始年:2013年

所属事務所:アミューズ

 

鳥取生まれ、千葉育ちのシンガーソングライター・折坂悠太(おりさか ゆうた)さん。

2013年より本格的なシンガーソングライター活動を開始し、

2016年に神保町「神保町 視聴室」で初ワンマンライブ&1stフルアルバム「たむけ」を発売。

 

↓アルバム「たむけ」収録の「

 

 

その後2018年にアルバム「平成」を発売し、

ミュージック・マガジン『ベストアルバム・2018』内の日本ロック部門1位を受賞、

CDショップ大賞2019を受賞。

ちなみに宇多田ヒカルさんの 『初恋』やWANIMA さんの『Everybody!!』などをおさえての堂々の大賞でした。

 

そして今回の監察医朝顔の主題歌「朝顔」で初のドラマ主題歌を歌うことになります!

 

折坂悠太さんの魅力は、なんといっても独特な唯一無二の世界観

存在感ある歌声や、自由な歌詞、そして多彩なジャンルや楽器を取り入れた楽曲で、

個人的にはどこかノスタルジックな気持ちになれるところが好きです^^

 

そんな折坂さんは、2013年に本格的に活動を始める前からも通っていたフリースクールでオリジナルソングを披露していました。

もともと小学校1~3年をロシア、中学生の2年間をイランで過ごすなど、海外生活も長い折坂さん。

日本に帰国した際、2回とも学校に通えなくなったそうです。

そのかわりに行っていたのがフリースクールだったようです。

 

小学3年生で日本に帰国した際、

特にいじめにあったとか、溶け込めなかったとかではなかったそうです。

しかし、折坂さんはただ決められた場所に座って休み時間は遊んでと、

何事も決められている学校という「形」に合わせることが出来なかったようです。

 

小学校4年の頃からフリースクールに通い始め、

時間割もカリキュラムもなく、それぞれ個人の興味あることに取り組める環境で、

「これでいいんだ、自分は」と思ったそうです。

 

フリースクール内の友達などとバンド活動をするようになり、はじめはドラマだったそうですが、

作曲のためギターを覚え、次第に自分で歌うようになったとか。

 

2014年には、フリースクールのスタッフだった女性と結婚し、現在は子供もいらっしゃいます。

折坂さんにとってこのフリースクールは大切な場所なのでしょうね。

 

そんな折坂悠太さんのコメントがこちらです。

◆折坂悠太さんのコメント

もの言わぬ人の想いを汲み取り、代弁し、暗い夜の先に、ひとすじ光を見出す。
主人公・朝顔の「監察医」という仕事は、「歌手」として生きる自分とも重なります。
このドラマを見た人がただ、朝に始まる明日を愛せるように。
物語の登場人物たちの歩む道が、僕や、大切なあの人と交差しますように。
そう願って歌います。

 

個人的に初めて折坂悠太さんを見た際、

俳優の松田龍平さんに似ていると思ったのは私だけですかね?笑

折坂悠太さんと松田龍平さん、雰囲気似ていませんか?

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

監察医朝顔の主題歌の発売日

折坂悠太さんが歌う監察医朝顔の主題歌「朝顔」の発売日はまだ発表されていません。

発表され次第追記いたします。

 

 

監察医朝顔のロケ地➡監察医朝顔のロケ地まとめ

見逃した方は➡監察医朝顔の再放送や見逃し動画

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク