ボイスの犯人ネタバレ!日本と韓国ドラマの犯人役は誰?

ボイス ドラマ 2019年夏ドラマ

唐沢寿明さんと真木よう子さんがメインキャストを務めるドラマ「ボイス 110緊急指令室」(日テレ)。

韓国ドラマのリメイクで、110番の緊急指令室を舞台としたドラマです。

ドラマ内で最も重要な3年前の事件。

樋口の妻や橘の父親を襲った犯人は誰なのか?

今回はボイス 110緊急指令室犯人ネタバレをしていきます!

そして日本ドラマ版のボイスの犯人役キャストは誰なのか?

1話にて犯人役は伊勢谷友介さんぽいとの声も?

 

 

 

 

 

 

 

ボイスの犯人ネタバレ!原作の韓国ドラマより

 

ドラマ・ボイスで終始樋口たちが捜査し続ける3年前の事件。

樋口(唐沢寿明)は妻の樋口未希 (菊池桃子)の命を奪われ、

橘(真木よう子)は父親の命を奪われています。

その犯人は非常に猟奇的で、樋口の妻は人物特定できないほど顔面が鈍器で殴られていました。

この犯人はいったい誰なのか?

この先ネタバレ注意です!

 

ボイスの犯人ネタバレ!韓国ドラマ

まずは原作(韓国ドラマ)より、

ボイスの犯人のネタバレをしていきます。

 

まずこちらは韓国ドラマ版ボイスの相関図です。

◆ボイスの韓国キャストの相関図

引用元:http://www.cinemart.co.jp/dc/k/voice.html

 

結論から言うと、相関図左にいるソウナン通運の社長モ・テグという男が犯人です。

 

このテグという犯人は猟奇的犯罪を楽しんでいるサイコパスなのです。

テグがサイコパスになったのにもある理由があります。

テグが小さいころ、

父親であるギボムが他の運送会社の社長の命を奪っていることろを母親と目撃したのです。

その後母親は自ら命を絶ち、テグは精神病がひどくなり、

猟奇的犯罪を繰り返すようになってしまったのです。

 

このテグを演じている韓国ドラマのキャストはキム・ジェウクさん。

非常に猟奇的な犯人役を演じていますが、そのイケメンさと美しさに多くのファンがいます。

 

ちなみにキム・ジェウクさんは小学校まで日本の東京にいたので日本語がお上手です。

俳優以外にも、バンド活動をおこなっており、日本のB’zやミスターチルドレン、東京事変などが好きなのだとか。

 

ボイスの犯人ネタバレ!日本ドラマ

次に、日本版のボイスの犯人についてです。

 

まず番組公式HPに記載されている相関図がこちらです。

引用元:https://www.ntv.co.jp/voice/chart/

 

 

見てお分かりかと思いますが、

韓国ドラマ版の犯人、モ・テグ(ソウナン通運社長)に相当するような人物がいないのです。

実は原作でもテグは物語途中から出演していたので、

日本版のボイスでも犯人は途中から出演することが予想されるのです。

 

したがって、会社の社長という設定の人物が出てきたら

ほぼ間違いなくそのキャストが犯人でしょう。

 

原作の韓国ドラマでも、テグのサイコパスっぷりが途中から遠慮なく描かれ、

他の事件で疑われても父親の権力などでなかなか逮捕に至ることが出来ません。

したがって犯人捜し、というよりどうやって樋口たちが犯人を捕まえるのか?という感じで楽しむことが出来ることでしょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ボイスの犯人役のキャストネタバレ!予想!

 

ここからは、テグに相当するようなキャストが登場するまで、

ボイスの犯人役のキャストを予想していきます。

ボイスの犯人役は伊勢谷友介っぽい?(1話)

 

ボイスの1話の冒頭、

樋口(唐沢寿明)の妻・樋口未希(菊池桃子)が黒いフードを被った謎の男に襲われました。

 

口元(シワがある?)が写り、

また、カチカチと顎が鳴る音

そして「調子に乗るからだ」というセリフがありました。

 

視聴者の間では、声の感じや映った口元から伊勢谷友介さんではないかとの声がありました。

 

 

やはり口元もそうですが、

声が伊勢谷友介っぽいと感じた方が多かったです。

個人的にも伊勢谷友介さんぽい声だな~と思ってみていました。

 

伊勢谷友介さんなら美しさもあるあの猟奇的な犯人役にぴったりですね!

 

 

 

ちなみに原作では他にカチカチと顎が鳴る人物が出てきますが、

その人物は犯人ではありません。

 

また、犯人も最終回でまさかの結末をむかえます…

韓国ドラマ版のボイスのあらすじを知りたい方は下記記事をご覧ください。

ボイスの原作ネタバレ!日本と韓国ドラマのあらすじなど違いは?

 

また、日本版と韓国版のキャストの比較は

ボイスのキャストやあらすじ!日本と韓国ドラマ版を比較!

 

 

 

スポンサーリンク

 

コメント