シロクロの1話ネタバレ考察!コアラ男は田中圭?レンは双子?

2020年冬ドラマ

横浜流星さんと清野菜名さんがW主演を務める日テレ日曜ドラマ「シロでもクロでもない世界でパンダは笑うシロクロ)」(2020年冬ドラマ)。

アクションシーンあり、考察要素ありの原作なしのオリジナルドラマで、1話から驚きの展開が!!!

本記事ではシロでもクロでもない世界でパンダは笑う(シロクロ)の1話ネタバレあらすじ

そしてシロでもクロでもない世界でパンダは笑う(シロクロ)の1話考察感想を記載しています!

 

 

 

 

 

 

シロでもクロでもない世界でパンダは笑う・シロクロの考察とネタバレ・あらすじ

 

シロでもクロでもない世界でパンダは笑うのキャスト相関図です。

引用元:https://www.ytv.co.jp/shirokuro/chart/

 

キャストの詳細は➡シロでもクロでもない世界でパンダは笑うキャストネタバレ考察まとめ

 

シロでもクロでもない世界でパンダは笑う・シロクロ1話あらすじ

 

囲碁棋士の川田レン(清野菜名)は、かつて天才囲碁少女と呼ばれたほどだったが、23歳になった今はネガティブな性格が災いし、負けてばかり。彼女はアルバイト先の囲碁喫茶で、上坂という国会議員が竹藪に吊るされた姿で発見されたというニュースを目にする。上坂を吊るした犯人は“ミスパンダ”の可能性が高かった。ミスパンダとは、裏で甘い汁を吸う悪人たちを懲らしめて世間を騒がせる謎の人物。上坂には、女性への性的暴行疑惑が持ち上がっていた。神出鬼没で自由奔放なミスパンダ。レンは、自分にはミスパンダのように生きることはできないと思うのだった。

精神科医・門田(山崎樹範)のカウンセリングを受けているレンにとって通院の楽しみは、医学生・森島直輝(横浜流星)と会うこと。時折、「パンケーキを食べに行こう」と誘ってくれる直輝に、レンはときめきを感じていた。

直輝は、テレビ局の報道記者として働く恋人の佐島あずさ(白石聖)に頼まれて、“メンタリストN”という名でバラエティ番組に出演する。彼は、出演者たちの思考を操るようなパフォーマンスを披露する。

番組収録後、直輝は、あずさから、IT企業に勤める女性・愛菜が飛び降り自殺した話を聞く。愛菜は自殺直前、顔に包帯を巻いた姿で「醜い私、さようなら」と言い残した遺書代わりの動画をインターネットにアップしていた。衝撃的な愛菜の死に、ネット上では“整形手術の失敗を苦にして自殺したのではないか?”など、さまざまな噂が広まる。

一方、Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から指示を受けた直輝からレンのもとに、“これからパンケーキ食べに行かない?”とのメールが届く。レンは、パンケーキ店で直輝と会う。直輝がパンケーキにシロップをかける。流れ落ちるシロップを見ているうち、レンの意識は遠のく……。

その夜、ビルの屋上で「グオオォォーー!」と吠えるミスパンダが出現。彼女を操る飼育員さんとなった直輝が「さぁ出番だよ、ミスパンダ」と告げる。

ミスパンダは、愛菜の葬儀に現れる。騒然とする参列者に向かって「アタシがシロクロつけるから!」と言い放ち、ミスパンダは愛菜の死の真相を暴いていく――!

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

シロでもクロでもない世界でパンダは笑う・シロクロ1話ネタバレ

※1話のネタバレを、時系列順にしていきます。

 

ミスパンダ登場

「私は誰…」

そう言いながら1人の女性が目を覚ますと、

目の前にいた直輝(横浜流星)が「ミスパンダにしよう」と話す。

 

場面が代わり、

女性に性的暴行疑惑が出ている上坂議員をパンダチャンネルにてその真相を暴き、

その場にいた上坂議員とその部下らをぶちのめすミスパンダ。

 

川田レン

囲碁の試合で勝てる道筋が見えた川田レン(清野菜名)。

しかしレンはわざと負けた。

その理由を囲碁喫茶GOBANのマスター・加賀が聞くと、

相手の子供が不治の病で母親が勝ったら手術を受ける約束をしているに違いないと思ったからだと話すレン。

レンはものすごくネガティブで弱気な性格だった。

 

森島直輝/メンタリストN

テレビ番組でメンタリズムを披露する森島直樹(横浜流星)。

直樹は出演したくなかったが、テレビ局に勤める恋人のあずさの頼みだった。

テレビ局内を歩いていると、

IT社長の江本という男がいた。

江本は社員が自殺しプチ炎上中だった。

愛菜という女性社員が自分の容姿を苦にして自殺したという。

 

その後、直輝があるビルに向かいMr.ノーコンプライアンス(佐藤二郎)という男に会う。

このMr.ノーコンプライアンスが直輝とミスパンダに指令を出している人物だった。

今回の案件は、先ほどあった江本の会社の社員の自殺についてだった。

 

その夜、直輝は家で一人黒い球のネックレス(パンダのぬいぐるみの目玉)を見て掘り起こされる白骨体を思い出すと、

いきなり壁を殴りだすのだった…

 

レンの家族と精神科医の門田

レンは夢を見ていた。

母親(山口紗弥加)と1人の少女が仲良く話していて、

母親がこちらを冷たい表情で見ていた。

ハッとしながら目を覚ましたレンは支度をし家を後にした。

部屋には母親と女の子2人が映った写真が飾られ、右側の女の子は黒く塗りつぶされていた。

 

その後レンが向かった先は精神科医の門田のところだった。

レンは精神治療を受けていたのが。

実はこの門田は直輝が通う大学のゼミの指導教官でもあった。

 

レンが帰ろうとすると、直輝に偶然会うレン。

2人は知り合いで、よくパンケーキを食べに行っていた。

 

ミスパンダの正体

後日、パンケーキを食べに行く直輝とレン。

緊張しているレンに対し、直輝はリラックスしてよと言いながら、

パンケーキにはちみつをかけていく。

するとレンは意識が朦朧とし、次の瞬間ビルの屋上で「パンダ-!」と叫ぶミスパンダの姿があった。

ミスパンダの正体はレンで、直輝はレンに催眠をかけていたのだ(レンは自分がミスパンダであることを知らない)。

 

事件の真相

その後、江本の会社の写真だった自殺した愛菜の葬儀が行われる。

そこにはフリーのディレクターの神代(要潤)の姿もあった。

そしてそこに現れたのはミスパンダだった。

直輝もそれを見守っていた。

ミスパンダはシロクロつけると言い、動画を流した。

実は愛菜が「醜い私、さよなら」と言った後には続きがあった。

愛菜は整形しており、その続きで包帯を取り手術をしてくれた院長に感謝をする内容だったのだ。

 

その後、社長の江本が自社ビルに戻ると、そこには直輝もいた。

襲ってきた江本を気絶させ、

その後別の場所で手術台に拘束する。

ミスパンダがそこにやってきて、パンダチャンネルで生配信しながら事件の真相を語る。

実は愛菜の動画にはさらに続きがあり、

そこでは江本に屈辱的な言葉やセクハラを毎日受けていたことを告発していた。

 

セクハラは誤解だと話す江本。

江本は本当に愛菜が好きだったが、歪んだ愛情表現だったのだ。

 

愛菜は、同僚の山崎とともに直接この動画を公表することを伝えていたのだ。

しかし、怒った江本は愛菜をトロフィーで殴り、そのままビルから落ちてしまったのだ。

そのときいた山崎は江本が脅していたが、

以前直輝が江本と山崎が一緒にいるところを見た際、山崎の表情が怯えのサインを出していたから気付いたという。

 

その後ミスパンダは江本の顔をパンダのように黒く塗り、

メスを当てようとする。

しかし、江本の「ここから出して」という言葉を聞いた瞬間、

ミスパンダの脳裏に「ここから出して」という少女の声が流れ、

「ちっ」と舌打ちをした後、江本に向かってあんたは許せないと言いながらメスを突き刺そうとする。

しかし、間一髪のところで直輝が止めに入る。

 

その後、直輝が「お疲れ様」と言いながらミスパンダを抱きしめると、ミスパンダは気を失う。

 

事件が解決し、

直輝はMr.ノーコンプライアンスと電話をしていた。

電話を切った後、Mr.ノーコンプライアンスは「しかしよりによってパンダか」と話す。

そしてMr.ノーコンプライアンスの正体は法務大臣の佐島源造という男だった。

 

直輝の父親とレンの母親

直輝はパンダのぬいぐるみを抱えながら父親のことを思い出していた。

パンダのぬいぐるみは父親から貰ったものだった。

そして警察官の父親は8年前に失踪し白骨体で発見されていた。

その後、直輝はパンダのぬいぐるみの目の部分からUSBを見つけ、

中に入っていた動画には、縄で結ばれた少女と「この子の命がおしければ一億円用意しろ」と話すコアラの仮面をかぶったコアラ男が映っていた…

 

レンは療養施設に入院している母親の見舞いに来ていた。

母親の病室にはレンの家にあった写真と同じ家族3人の写真があったが、

レンが持っていた写真とは異なり、左の女の子が黒く塗りつぶされていた…

 

 

シロでもクロでもない世界でパンダは笑う2話に続く。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

シロでもクロでもない世界でパンダは笑う・シロクロ1話の考察や感想

 

いよいよ放送開始となった横浜流星さん、清野菜名さんW主演のシロでもクロでもない世界でパンダは笑う。

ますは感想についてです。

ミスパンダのアクションシーンは圧巻でした!

横浜流星さんも相手を突っ張り1つで気絶させるなど、今後のアクションシーンを期待させるものがありました。

そしてなんといっても田中圭さん!

相関図では謎にされていた横浜流星さんの父親役がまさかの田中圭さん!

あなたの番ですを視聴されていた方狂喜乱舞だったことでしょう(笑)

私は飛び起きました(笑)

友情出演と言うことですが、この父親の死の真相が重要なポイントとなりそうですので、

今後も出演シーンがあることでしょう。

そして実は2話にはあなたの番ですであいりの彼氏の柿沼を演じていた中尾暢樹さんが出演します!

ニッポンノワールも毎回3年A組キャストが出演していたので、

シロクロもあなたの番ですキャストが多数出演する流れだったりして…期待です!

 

それでは順番に内容について考察していきます!

 

直輝の父親がコアラ男?共犯?

8年前、刑事としてある事件を追っている最中に失踪し、その後、白骨死体で発見された直輝の父親。

その後直輝が父親から貰ったパンダのぬいぐるみに隠されていたUSBを見つけ、

そこには少女を人質に1億円を要求するコアラ男の動画が入っていました。

(ちなみにこの少女がテレビ局に勤める直輝の彼女のあずさです)

まず考えられるのは、直輝の父親がコアラ男だということ。

直輝がそのことを思い出しながら「パパ…どうして…」と泣いたり、USBが入っていたパンダのぬいぐるみの目玉を握りしめながら怒りを現らにする姿を見ると、

直輝は父親がコアラ男だったかもしれないと思っているのかもしれませんね。

個人的には白骨体は父親の偽装工作で、田中圭さんと横浜流星さんが再会するシーンが見たいです(笑)

 

次に考えられるのは、直輝の父親とコアラ男は関わりがあったことが考えられます。

単にコアラ男を追う中で脅迫動画を手に入れたのなら、自分で所持せず証拠品として警察に提示するでしょう。

隠し持っていたということは、直輝の父親も共犯、もしくはコアラ男が知り合いで止めようとしたなどが考えられます。

仮に共犯だとして、男1人で直輝を育てるのに金銭が必要だったという動機も十分に考えられます。

 

また、直樹の父親と佐藤二郎さん演じるMr.ノーコンプライアンスには何か関わりがあったようですね。

相関図では因縁?とされていますし、直輝からパンダと聞いて「よりによってパンダか」と言ったのは、

直輝が父親からパンダのぬいぐるみを貰っていることを知っている、つまり親しい関係だったことが考えられます。

Mr.ノーコンプライアンスが行き過ぎた正義感を持つようになったのもある過去の決断が関係しているとのことなのですが、

その決断が直輝の父親の事件と関係している可能性もありそうですね。

 

コアラ男は誰か?門田が直樹とレンの過去に関わっている?

直輝の父親役であるコアラ男が田中圭さんで、最終的に横浜流星VS田中圭が見れたら最高に熱い展開なのですが、

他にも怪しい人物がいます。

相関図を見て怪しそうだなと思ったのはGOBANの店主・加賀と、

直樹のゼミの教官でレンの担当精神科医の門田です。

加賀はレンの親代わりという親しい存在です。

ニッポンノワールもそうでしたが喫茶店のマスターというのは怪しく見えてしまいます(笑)。

 

次に怪しいなと思うのは門田です。

直樹の指導教官でレンの担当医と、唯一別々な形で2人と繋がりがある人物なのです。

とりあえず、門田がコアラ男ではなかったとしても、

直樹とレンの過去に関係していることはインスタグラムのインタビューで匂わせていました。

もうひとり怪しいといえばMr.ノーコンプライアンスですね。

いずれにせよ味方と思っていた身近な人物が黒幕だったという展開が最後におこる可能性が非常に高いでしょう。

 

3つの事件の犯人は同じ黒幕?

シロクロには物語の鍵を握る3つの事件があります。

  • 8年前の直輝の父親の事件
  • 10年前のレンのある事件
  • 直輝の彼女のあずさ(中学時代)のコアラ男による誘拐事件

直樹とレンの過去の事件に門田が関係しているのであれば、

二つの事件は起こった時期は異なりますが(8年前、10年前)、犯人が同一人物である可能性がでてきます。

そしてその犯人として考えられるのがコアラ男

相関図でわざわざ出している人物ですし、

ただの直輝の彼女のあずさの誘拐犯というだけの存在ではないでしょう。

このドラマの重要な過去の事件である、

直樹の父親の事件、レンの10年前の事件、あずさの誘拐事件は全てコアラ男が犯人だったという展開になるのではないでしょうか。

このコアラ男の正体に注目です!

 

レンは双子の姉妹と入れ替わっている?

レンの部屋にあった母親と娘2人の写真と、

母親の病室にあった同じ写真はそれぞれ黒く塗りつぶされている人物が違いました。

レンの回想から考えると、

レンにはもともと双子の姉妹がいて、その子は母親に愛されていたのでしょう。

しかし、その子は亡くなってしまいレンは入れ替わったのではないでしょうか。

したがってレンというのは亡くなった双子の姉妹の名前で、

本当の名前があることが考えられます。

そしておそらく本当のレンは、10年前の事件で亡くなったのでしょう。

 

ミスパンダのとき脳裏に流れた「ここから出して」という少女の声は自身の幼少時代の声で、虐待を受けていたことが予想されます。

もしくは、本当のレンの声で、嫉妬心から自身がどこかに閉じ込めそのまま命を落とした可能性も...

 

 

チェインストーリーについて

チェインストーリーの動画➡GYAO!

 

そしてチェインストーリーでは囲碁喫茶GOBANの加賀夫婦の馴れ初めが語られ、最後にはレンを見つめる?謎の男の姿がありました。

謎の男に関しては片目しか映っていませんでしたが、横浜流星さん演じる直輝にも見えましたね。

まだレンと直輝に出会いなどは語られていないのでそこが大きく関係しているのでしょう。

 

そして加賀夫婦はレンが双子or姉妹だったことを知っているようですね。

夫婦がお互いを好きなったかを書いた際、妻の方が「レンたちを可愛がっているのを見たとき」と書いていました。

レンたちと言うことは以前は2人で加賀夫婦のもとに遊びに来ていたことが考えられます。

加賀の人物設定にある

レンの過去の秘密を知る数少ない人物。

というのはレンに双子、もしくは姉妹がいたことなのでしょう。

 

そして一番衝撃を受けたのは、

本編でレンが母親に見舞いで渡したバナナを母親がゴミ箱に捨てていたところです。

レンが入れ替わりで、本当のレンだけを溺愛していたのであれば、こんな行動はしないはずです。

もしかすると母親はレンが入れ替わっていることに気付いているのかもしれません…

 

入れ替わっておらず単に双子or姉妹が亡くなったというだけかもしれませんが。

 

 

シロでもクロでもない世界でパンダは笑うの2話に期待です!

シロクロの2話ネタバレ考察!レンとリコは入れ替わり?コアラ男は門田?

 

シロでもクロでもない世界でパンダは笑うの関連記事

まとめ記事➡シロでもクロでもない世界でパンダは笑うキャストネタバレ考察まとめ

見逃し➡シロでもクロでもない世界でパンダは笑うの再放送や見逃し配信

 

Huluでは「シロクロ」が配信中!「あなたの番です」や「ニッポンノワール」の本編&スピンオフも!

無料トライアル実施中!

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。は1話~最終回までHuluで配信予定です!

Huluといえば月額933円(税抜き)で2万本以上の動画が視聴できるサービスで有名ですが、

現在無料トライアルを実施中です!

無料トライアルだけでやめることも可能です!

 

もちろん横浜流星さんも出演していた「あなたの番です」やスピンオフの「扉の向こう」も配信中!

 

シロでもクロでもない世界でパンダは笑うを今すぐ視聴するなら➡【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

 

日テレドラマ

 

コメント