シロクロのキャスト一覧・ネタバレ考察1話~最終回までまとめ!

2020年冬ドラマ

横浜流星さんと清野菜名さんのW主演のドラマ「シロでもクロでもない世界でパンダは笑うシロクロ)」(日テレ2020年日曜冬ドラマ)。

社会のグレーゾーンを取り締まる最凶バディの活躍と、主人公たちの抱える謎を解き明かしていく原作なしのオリジナルストーリーで、、

横浜流星さんも考察を楽しめるドラマだと公言しています!

この記事ではシロでもクロでもない世界でパンダは笑うキャストあらすじネタバレ考察(1話~最終回まで)をまとめてご紹介しています!

1話放送前の気になる謎についても記載しています!

 

 

 

 

 

 

シロでもクロでもない世界でパンダは笑う・シロクロのキャスト相関図とあらすじ

 

シロでもクロでもない世界でパンダは笑う・シロクロのあらすじ

 

巷に溢れる悪質なセクハラ・パワハラ、 組織の不正に権力者への忖度…

週刊誌やネットで事件の噂や憶測が飛び交っても、結局、真相はグレーなまま闇に消えていくことも多い。

そんな目に見えない壁に阻まれた事件に 大胆不敵に切り込んで、隠された真相を容赦なく暴いてくれるヒーロー&ヒロインがいてくれたら…!

この物語は、驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダと

彼女を操る男・飼育員さんが、 「Mr.ノーコンプライアンス」からの依頼を受け、

世の中のグレーな事件にシロ クロつける!

警察やマスコミが触れない「隠れた真相」を大胆に暴く最凶バディが誕生する!

 

しかし、飼育員さん・直輝が ミスパンダと共に真相を暴く理由は、単なる正義感からではなかった…

謎の死を遂げた直輝の父。

直輝は誓う、全ては、愛する父を殺し 真実を闇へ葬った人間への復讐のため!

直輝の復讐は一体どこへ向かうのか!?

そして、直輝が生み出した ミスパンダとは一体何者なのか!?

 

アメコミのような痛快さと先の読めない謎が加速する新時代のシニカルミステリー

 

シロでもクロでもない世界でパンダは笑う・シロクロのキャスト一覧と相関図

 

 

森島直輝役:横浜流星

2019年はあなたの番ですはじこいで大活躍した横浜流星さん。

極真空手の世界大会で優勝した経歴を持つ横浜流星さん。

あなたの番ですでもアクションシーンが話題となり、今回のシロクロでもアクションシーンが話題となること間違いなしでしょう。

ドラマ出演は福士蒼汰さん主演の4分間のマリーゴールド以来となります。

 

横浜流星さん演じる直輝はNの名前で活躍するメンタリストであり大学生。

Mr.ノーコンプライアンスの指令により飼育員さんとしてミスパンダとともに世の中のグレーゾーンを取り締まっています。

また、8年前に亡くなった父親の死の真相を突き止めるという野望があります。

 

川田レン / ミスパンダ役:清野菜名

ミスパンダ役のキャストは清野菜名さん。

今作ではアクションシーンが多いですが、

賀来賢人さん主演の今日から俺はでヒロインの赤坂理子役など過去にも多くのドラマや映画でアクションシーンを披露し、

第4回ジャパンアクションアワードベストアクション女優賞を受賞するなどアクションが得意な清野さん。

最近ではやすらぎの刻~道で主演を務めていました。

 

清野菜名さん演じる川田レンはかつて天才美人棋士として騒がれた囲碁棋士で、

直輝の催眠により裏ではミスパンダとしてともに活動しています。

10年前のある事件によりネガティブで弱気な性格になってしまっています。

 

 

コアラ男役:不明

コアラ男のキャストはまだ不明です。

 

かつて直輝の恋人の佐藤あずさ(白石聖)が中学3年の時、彼女を誘拐しています。

 

直輝の父親・森島哲也役:不明

直輝の父親のキャストはまだ不明です。

 

8年前に失踪しその後遺体で発見されています。

 

Mr.ノーコンプライアンス役:佐藤二朗

名バイプレーヤーとして人気の佐藤二郎さん。

今日から俺はでは清野菜名さんの父親役を演じていました。

99人の壁というクイズ番組などで司会としても活躍されていますね。

 

佐藤二郎さん演じるMr.ノーコンプライアンスは、

直輝に指示を出している謎の人物です。

現在の強い正義感は過去に下したある決断が関係しています。

 

レンの母親・川田麻衣子役:山口紗弥加

最近では新木優子さん主演のモトカレマニアに出演していた山口紗弥加さん。

主演を務めた絶対正義では自身の高校生時代を今回共演する白石聖さんが演じていました。

 

山口紗弥加さん演じるレンの母親・麻衣子は、

レンのことを溺愛し、いち早くレンの囲碁の才能を見抜きました。

10年前のある事件により療養施設に入院しています。

 

門田明宏役:山崎樹範

精神科医の門田役を演じるのは山崎樹範さん。

2019年は錦戸亮さん主演のトレース科捜研の男にレギュラー出演していた山崎樹範さん。

 

山崎さん演じる門田は、直輝の大学のゼミの教官で、大学病院に勤務する精神科医です。

10年前のある事件以降、レンの担当医でもあります。

 

加賀春男役:升毅

囲碁喫茶GOBANのマスターの加賀を演じるのは升毅(ますたけし)さん。

最近ではディーンフジオカさん主演のシャーロックの第9話に出演し、レストランにやってきた料理評論家役を演じていました。

 

升毅さん演じる加賀はレンがアルバイトするGOBANの店主。

もともとはプロの囲碁棋士で、レンの師匠でもあり親代わり。

レンの過去の秘密も知っています。

 

加賀 佳恵役:椿鬼奴

加賀の妻役は女芸人の椿鬼奴さん。

2018年放送の松岡昌宏さん主演の家政夫のミタゾノ以来となるドラマのレギュラー出演です。

 

加賀とともに喫茶GOBANを営んでいて、

レンのことを可愛がっています。

 

東山楓役:吉田美月喜

楓役のキャストは今作で民法のドラマ初出演となる吉田美月喜(よしだみづき)さん。

2003年3月10日生まれの16歳で、

2017年にスカウトで芸能界デビューをしました。

 

吉田美月喜さん演じる楓は自称天才美少女囲碁少女。

囲碁の中学生チャンピオンで、レンをライバル視しています。

ミスパンダに憧れています。

 

直輝の彼女・佐島 あずさ役:白石聖

直輝の彼女役のキャストは白石聖さんです。

2019年は竹内結子さん主演のスキャンダル専門弁護士Queen(3話)や、絶対正義(山口紗弥加の高校時代)に出演していました。

 

白石聖さん演じるあずさは直輝の彼女で、全日テレビに勤務する報道記者です。

中学時代にコアラ男に誘拐されています。

 

神代 一樹役:要潤

2019年12月から放送中のドラマ悪魔の弁護士で主演を務めている要潤さん。

要潤さん演じる神代は全日テレビに出入りするフリーのディレクターです。

ミスパンダの正体を追っています。

 

その他のキャスト・大学友達やGOBANの常連など

 

小園武史役:中田圭祐

直輝の大学のゼミ仲間。お調子者。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

大好きなみんなに祝ってもらい、無事に誕生日を迎えました。これからもよろしくお願いします☺︎

中田圭祐(@1127_n)がシェアした投稿 –

 

前川雪乃役:祷キララ

直輝の大学のゼミ仲間。お調子者の小園が苦手。

 

飯田 兼一役:福田転球

全日テレビの『情報ワイド・イブニングVIEW』のチーフプロデューサー。

 

田中 三太役:永山たかし

全日テレビの『情報ワイド・イブニングVIEW』のプロデューサー。

 

伊藤 健人役:坂東龍汰

全日テレビの『情報ワイド・イブニングVIEW』のアシスタント・ディレクター。

 

菊池 勘平役:水澤紳吾

GOBANの常連の会社員。

 

中島 きよし役:松浦祐也

GOBANの常連の電気屋の店主。

 

小林 孝雄役:スチール哲平

GOBANの常連のオタクの青年。

 

並木 しげる役:浅見小四郎

GOBANの常連。趣味で囲碁をやっている。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

シロでもクロでもない世界でパンダは笑う・シロクロのネタバレ・考察・あらすじ1話~最終回まで

 

シロクロ【1話放送前】の考察・犯人予想や伏線など

 

父親をころした犯人は誰?父親が偽装?

シロクロの一番重要な謎は主人公直輝の父親の死の真相についてですね。

直輝の父親は10年前に失踪しその後遺体で発見されたということですが、

相関図を見るとその事件に関わっていそうなのがMr.ノーコンプライアンスですね。

相関図には因縁?と書かれていますが、もしかするとMr.ノーコンプライアンスが行き過ぎた正義感を持つようになったきっかけとなる過去に下したある決断というのが直輝の父親に関係しているのかもしれません。

例えばその決断により直輝の父親の死につながったとか…

 

では直輝の父親を殺したのは誰なのか?

最も怪しく見えるのは直輝の恋人・あずさをかつて誘拐したというコアラ男です。

別々の事件と思われていたものが実は繋がっていたという線です。

ただ、もう一つ考えられるのは直輝の父親自身が死を偽装し、

直輝の父親がコアラ男だったという可能性もありそうです。

コアラ男と同じく父親もキャストが不明となっていますからね。

 

コアラ男が黒幕?直輝の父親の事件とレンの10年前の事件の犯人?

直輝の父親が偽装工作を行いコアラ男だったという説を出しましたが、

相関図を見て怪しそうだなと思ったのはGOBANの店主・加賀と、

直輝のゼミの教官でレンの担当精神科医の門田です。

加賀はレンの親代わりという親しい存在です。

ニッポンノワールもそうでしたが喫茶店のマスターというのは怪しく見えてしまいます(笑)。

次に怪しいなと思うのは門田です。

直輝の指導教官でレンの担当医と、唯一別々な形で2人と繋がりがある人物なのです。

とりあえず、門田がコアラ男ではなかったとしても、

直輝とレンの過去に関係していることはインスタグラムのインタビューで匂わせていました。

3,4話の門田に注目ですね。

 

もうひとり怪しいといえばMr.ノーコンプライアンスですね。

いずれにせよ味方と思っていた人物が黒幕だったという展開が最後におこる可能性が非常に高いでしょう。

 

 

直輝とレンの過去の事件に門田が関係しているのであれば、

二つの事件は起こった時期は異なりますが(8年前、10年前)、

犯人が同一人物である可能性がでてきます。

そしてその犯人として考えられるのがコアラ男

相関図でわざわざ出している人物ですし、

ただのあずさの誘拐犯というだけの存在ではないでしょう。

このドラマの大きな事件、直輝の父親の事件、レンの10年前の事件、あずさの誘拐事件は全てコアラ男が犯人だったという展開になるのではないでしょうか。

 

このコアラ男の正体に注目ですね!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

シロクロ【1話】ネタバレ犯人考察

1話のあらすじネタバレ

囲碁棋士の川田レン(清野菜名)は、かつて天才囲碁少女と呼ばれたほどだったが、23歳になった今はネガティブな性格が災いし、負けてばかり。彼女はアルバイト先の囲碁喫茶で、上坂という国会議員が竹藪に吊るされた姿で発見されたというニュースを目にする。上坂を吊るした犯人は“ミスパンダ”の可能性が高かった。ミスパンダとは、裏で甘い汁を吸う悪人たちを懲らしめて世間を騒がせる謎の人物。上坂には、女性への性的暴行疑惑が持ち上がっていた。神出鬼没で自由奔放なミスパンダ。レンは、自分にはミスパンダのように生きることはできないと思うのだった。

精神科医・門田(山崎樹範)のカウンセリングを受けているレンにとって通院の楽しみは、医学生・森島直輝(横浜流星)と会うこと。時折、「パンケーキを食べに行こう」と誘ってくれる直輝に、レンはときめきを感じていた。

直輝は、テレビ局の報道記者として働く恋人の佐島あずさ(白石聖)に頼まれて、“メンタリストN”という名でバラエティ番組に出演する。彼は、出演者たちの思考を操るようなパフォーマンスを披露する。

番組収録後、直輝は、あずさから、IT企業に勤める女性・愛菜が飛び降り自殺した話を聞く。愛菜は自殺直前、顔に包帯を巻いた姿で「醜い私、さようなら」と言い残した遺書代わりの動画をインターネットにアップしていた。衝撃的な愛菜の死に、ネット上では“整形手術の失敗を苦にして自殺したのではないか?”など、さまざまな噂が広まる。

一方、Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から指示を受けた直輝からレンのもとに、“これからパンケーキ食べに行かない?”とのメールが届く。レンは、パンケーキ店で直輝と会う。直輝がパンケーキにシロップをかける。流れ落ちるシロップを見ているうち、レンの意識は遠のく……。

その夜、ビルの屋上で「グオオォォーー!」と吠えるミスパンダが出現。彼女を操る飼育員さんとなった直輝が「さぁ出番だよ、ミスパンダ」と告げる。

ミスパンダは、愛菜の葬儀に現れる。騒然とする参列者に向かって「アタシがシロクロつけるから!」と言い放ち、ミスパンダは愛菜の死の真相を暴いていく――!

1話視聴後の犯人予想と考察

◆直輝の父親がコアラ男?共犯?

8年前、刑事としてある事件を追っている最中に失踪し、その後、白骨死体で発見された直輝の父親。

その後直輝が父親から貰ったパンダのぬいぐるみに隠されていたUSBを見つけ、

そこには少女を人質に1億円を要求するコアラ男の動画が入っていました。

(ちなみにこの少女がテレビ局に勤める直輝の彼女のあずさです)

まず考えられるのは、直輝の父親がコアラ男だということ。

直輝がそのことを思い出しながら「パパ…どうして…」と泣いたり、USBが入っていたパンダのぬいぐるみの目玉を握りしめながら怒りを現らにする姿を見ると、

直輝は父親がコアラ男だったかもしれないと思っているのかもしれませんね。

個人的には白骨体は父親の偽装工作で、田中圭さんと横浜流星さんが再会するシーンが見たいです(笑)

 

次に考えられるのは、直輝の父親とコアラ男は関わりがあったことが考えられます。

単にコアラ男を追う中で脅迫動画を手に入れたのなら、自分で所持せず証拠品として警察に提示するでしょう。

隠し持っていたということは、直輝の父親も共犯、もしくはコアラ男が知り合いで止めようとしたなどが考えられます。

仮に共犯だとして、男1人で直輝を育てるのに金銭が必要だったという動機も十分に考えられます。

 

また、直樹の父親と佐藤二郎さん演じるMr.ノーコンプライアンスには何か関わりがあったようですね。

相関図では因縁?とされていますし、直輝からパンダと聞いて「よりによってパンダか」と言ったのは、

直輝が父親からパンダのぬいぐるみを貰っていることを知っている、つまり親しい関係だったことが考えられます。

Mr.ノーコンプライアンスが行き過ぎた正義感を持つようになったのもある過去の決断が関係しているとのことなのですが、

その決断が直輝の父親の事件と関係している可能性もありそうですね。

 

◆コアラ男は誰か?門田が直樹とレンの過去に関わっている?

直輝の父親役であるコアラ男が田中圭さんで、最終的に横浜流星VS田中圭が見れたら最高に熱い展開なのですが、

他にも怪しい人物がいます。

相関図を見て怪しそうだなと思ったのはGOBANの店主・加賀と、

直樹のゼミの教官でレンの担当精神科医の門田です。

加賀はレンの親代わりという親しい存在です。

ニッポンノワールもそうでしたが喫茶店のマスターというのは怪しく見えてしまいます(笑)。

 

次に怪しいなと思うのは門田です。

直樹の指導教官でレンの担当医と、唯一別々な形で2人と繋がりがある人物なのです。

とりあえず、門田がコアラ男ではなかったとしても、

直樹とレンの過去に関係していることはインスタグラムのインタビューで匂わせていました。

もうひとり怪しいといえばMr.ノーコンプライアンスですね。

いずれにせよ味方と思っていた身近な人物が黒幕だったという展開が最後におこる可能性が非常に高いでしょう。

 

 

◆3つの事件の犯人は同じ黒幕?

シロクロには物語の鍵を握る3つの事件があります。

  • 8年前の直輝の父親の事件
  • 10年前のレンのある事件
  • 直輝の彼女のあずさ(中学時代)のコアラ男による誘拐事件

直樹とレンの過去の事件に門田が関係しているのであれば、

二つの事件は起こった時期は異なりますが(8年前、10年前)、犯人が同一人物である可能性がでてきます。

そしてその犯人として考えられるのがコアラ男

相関図でわざわざ出している人物ですし、

ただの直輝の彼女のあずさの誘拐犯というだけの存在ではないでしょう。

このドラマの重要な過去の事件である、

直樹の父親の事件、レンの10年前の事件、あずさの誘拐事件は全てコアラ男が犯人だったという展開になるのではないでしょうか。

このコアラ男の正体に注目です!

 

◆レンは双子の姉妹と入れ替わっている?

レンの部屋にあった母親と娘2人の写真と、

母親の病室にあった同じ写真はそれぞれ黒く塗りつぶされている人物が違いました。

レンの回想から考えると、

レンにはもともと双子の姉妹がいて、その子は母親に愛されていたのでしょう。

しかし、その子は亡くなってしまいレンは入れ替わったのではないでしょうか。

したがってレンというのは亡くなった双子の姉妹の名前で、

本当の名前があることが考えられます。

そしておそらく本当のレンは、10年前の事件で亡くなったのでしょう。

 

◆チェインストーリーについて

チェインストーリーの動画➡GYAO!

 

そしてチェインストーリーでは囲碁喫茶GOBANの加賀夫婦の馴れ初めが語られ、最後にはレンを見つめる?謎の男の姿がありました。

謎の男に関しては片目しか映っていませんでしたが、横浜流星さん演じる直輝にも見えましたね。

まだレンと直輝に出会いなどは語られていないのでそこが大きく関係しているのでしょう。

 

そして加賀夫婦はレンが双子or姉妹だったことを知っているようですね。

夫婦がお互いを好きなったかを書いた際、妻の方が「レンたちを可愛がっているのを見たとき」と書いていました。

レンたちと言うことは以前は2人で加賀夫婦のもとに遊びに来ていたことが考えられます。

加賀の人物設定にある

レンの過去の秘密を知る数少ない人物。

というのはレンに双子、もしくは姉妹がいたことなのでしょう。

 

そして一番衝撃を受けたのは、

本編でレンが母親に見舞いで渡したバナナを母親がゴミ箱に捨てていたところです。

レンが入れ替わりで、本当のレンだけを溺愛していたのであれば、こんな行動はしないはずです。

もしかすると母親はレンが入れ替わっていることに気付いているのかもしれません…

 

入れ替わっておらず単に双子or姉妹が亡くなったというだけかもしれませんが。

 

 

1話のネタバレ考察➡シロでもクロでもない1話ネタバレ考察!コアラ男は田中圭?レンは双子?

 

シロクロ【2話】ネタバレ犯人考察

2話のあらすじネタバレ

東京誠立大学のキャンパスで学長の岸本がナイフを持った男に襲われる事件が発生。

レン(清野菜名)と直輝(横浜流星)はその現場に遭遇。

犯人は赤嶺という3浪中の浪人生だという。

岸本は息子を不正入学させた疑惑があり、そのことに怒り赤嶺は岸本を襲ったとみられた。

 

直輝はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)からこの事件について指令を出される。

東京誠立大学で第三者委員会が開かれ、その場にミスパンダが現れるのであった…。

2話視聴後の犯人予想と考察

 

レンとリコの入れ替わり説が濃厚に?

1話から出たレンとリコの入れ替わり説

リコは檻に入れられていた子の方で、リコは10年前の火事?で死んだようです。

 

現在のレンですが、度々思い出す幼いころの回想は完全に檻に入れられていたリコの目線なんですよね。

おそらく10年前の事件で亡くなったのはレンでしたが、リコが入れ替わっておりリコ自身そのことに気付いていないのではないでしょうか?

二重人格的なもので、ミスパンダのときはリコの性格が出ていたり?

 

また、2話冒頭に直輝が最初にレンを見た際、「私をおりから出して」という声が聞こえた気がしたと言っていました。

レンではなく本当は檻に入れられていたリコの潜在的な叫びを感じ取ったのではないでしょうか。

 

また、余談ですがパンダは双子を生むと片方しか育てない習性があるようで、

レンの母親の麻衣子がレンだけを育てたのはその習性をもとにした設定なのではないでしょうか。

 

 

コアラ男の正体は門田?チェインストーリーでも怪しい動き?

今回も脅迫動画で出てきたコアラ男。

前回はあずさの足元がぎりぎり映っていなかったのでわかりませんでしたが、

2話の動画であずさの膝が地面に接している部分が映っていました。

このあずさの身長、つまり白石聖さんの身長158㎝からコアラ男の正体を考察してみました。

 

下のツイートの画像のように、

白石聖さんの身長からおそらくコアラ男は160㎝~170㎝とそこまで身長は高くないように見えます。

そして画像のように主要キャストの俳優さんたちの身長を見ると、165㎝の精神科医の門田が最も近いように見えます。

 

門田は2話のラストでマスターの伊賀とレンの発作について話していました。

そしてチェインストーリーでは、直樹と笑顔で話し別れた後急に真顔になるなど怪しい点がありました。

チェインストーリーの動画➡GYAO!

また、上記のツイートの画像のように門田は直輝とレンの過去の事件に関わっている様子。

 

以上のことから、現時点ではコアラ男の正体として最も怪しいのは門田であると考えます。

ただ、次に記載しますがコアラ男には佐島(Mr.ノーコンプライアンス)も関与していそうなんですよね。

 

 

直輝の父親が直樹に託した理由は?佐島はコアラ男に関与?

直輝の父親はパンダのぬいぐるみの目を呑み込み、

直輝にだけパンダのぬいぐるみに隠されたUSBが見つかるようにしました。

つまり、あのコアラ男の脅迫動画などは直輝に託したかったということ。

 

正直佐島がテレビで犯人に向け訴える姿の動画も入っていたことから、上に提出するための捜査資料というわけではなさそうです。

例えば、直樹の父親は佐島がコアラ男に関与していること情報を掴むも、上層部はは議員である佐島の手が回っており、独自に捜査していたのではないでしょうか。

そして自分の命が狙われていることを知りそれを直輝に託したのでは。

そしてその捜査をしている中で、消されてしまった。

また、USBに入っていた3つ目の動画には佐島とコアラ男の繋がりを匂わせる動画が入っているのでは?

だからこそ直輝は佐島とコアラ男の関係を探るため佐島に近づき指令を受けていると考えます。

たとえば2話で不自然に感じたのは直輝と佐島とあずさが食事をしているシーンです。

直輝がコアラ男の話題を出しましたが、普通彼女の目の前で彼女を誘拐した犯人の話題を出すでしょうか?

名前を出せば確実にあずさが嫌な思いをすることは確かです。

それをあえて佐島に向けコアラ男の名前を出したのは、佐島とコアラ男の関係を探るためではないでしょうか。

 

まぁ直輝の父親がコアラ男に関与していて、直輝にだけは本当のことを伝えようとUSBを託した可能性もあるわけですが…

 

いずれにせよ、佐島と門田の動きは要チェックです。

 

2話のネタバレや考察は➡シロクロの2話ネタバレ考察!レンとリコは入れ替わり?コアラ男は門田?

 

シロクロ【3話】ネタバレ犯人考察

3話のあらすじネタバレ

レン(清野菜名)は担当医師の田明宏(山崎樹範)から診察を受け、表情が豊かになったと言われる。

恋をしたからではないか言われ森島直輝(横浜流星)のことを頭に思い浮かべるレン。

ただ、10年前に火事のことを度々思い出していた…

 

そんな中、レンの中学生時代の幼馴染でスピードクライミング日本代表の宮澤沙奈恵がコーチとともに緊急会見を開き、世界選手権を辞退すると発表。

沙奈恵は練習中に突然ロープが切れて転落し怪我をしており、それは誰かが故意におこなったと主張し、その犯人は前のコーチである磯貝であるという。

直輝はこの事件についてMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から指令を受けるのであった。

 

また、レンは直輝に10年前のトラウマについて打ち明けていた…。

3話視聴後の犯人予想と考察

 

 

Huluでは「シロクロ」が配信中!「あなたの番です」や「ニッポンノワール」の本編&スピンオフも!

無料トライアル実施中!

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。は1話~最終回までHuluで配信予定です!

Huluといえば月額933円(税抜き)で2万本以上の動画が視聴できるサービスで有名ですが、

 

もちろん横浜流星さんも出演していた「あなたの番です」やスピンオフの「扉の向こう」も配信中!

 

無料トライアルだけでやめることも可能です

 

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。を今すぐ視聴するなら➡【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

 

 

日テレドラマ

 

コメント