10の秘密の1話ネタバレ考察!犯人の黒幕?アカウント実在?瞳は実子ではない?

2020年冬ドラマ

向井理さん主演のフジテレビの火曜ドラマ「10の秘密」。

登場人物たちにはそれぞれ秘密があり、娘の誘拐をきっかけに明らかになっていくというサスペンスドラマですが、

原作がないオリジナル作品のため考察が楽しめそうなドラマです!

本記事では10の秘密の1話ネタバレあらすじ

そして10の秘密の1話考察感想を記載しています!

 

 

 

 

 

 

10の秘密の考察とネタバレ・あらすじ

 

10の秘密のキャスト相関図です。

引用元:https://www.ktv.jp/10himitsu/chart/index.html

 

キャストの詳細は➡10の秘密のキャストやあらすじ

 

 

 

10の秘密の1話あらすじ

 

白河圭太(向井理)は14歳の娘・瞳(山田杏奈)と2人で暮らす建築確認検査員。9年前、弁護士で上昇志向の強い元妻・仙台由貴子(仲間由紀恵)が家を出て行って以来、シングルファザーとして奮闘しながら娘と良好な関係を築いてきた。

 

そんなある日、圭太のもとに「娘は預かった。3日以内に仙台由貴子を探せ」と誘拐をほのめかす電話がかかってくる。半信半疑のまま、瞳と連絡が取れないことに不安を覚えた圭太はすぐに由貴子の所在を確認するが、元妻は勤めていた大手弁護士事務所を数日前に突然辞め、上司だった男はクライアントである宇都宮竜二(渡部篤郎)への説明対応に追われていた。一方で、瞳がここ最近学校や部活を休みがちで、塾もやめていたことが明らかに。何でも知っていると思っていた娘の秘密を知り、激しく動揺する圭太。しかし瞳は、ほかにも驚くべき秘密も抱えていて……!?

 

そんな圭太の異変に気付いたのは、幼なじみで保育士の石川菜七子(仲里依紗)だった。圭太は菜七子にこれまでのことを打ち明け、一緒に警察へ。すると、その様子を男が物陰から見ていて、圭太はさらなる窮地を迎える。

 

やがて、瞳を救い出すカギが由貴子だと確信した圭太は、元妻が暮らす高級マンションへ急ぐ。そこで由貴子のクライアントで恋人だという竜二と再会し、部屋へ案内してもらうが、生活感のかけらもないその部屋で、圭太は由貴子の信じられない秘密を知ることになる―!

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

10の秘密の1話ネタバレ

※1話のネタバレを、時系列順にしていきます。

 

屋上で矢吹をとめる由貴子

建設中のビルの屋上で手帳とUSBを持ちながら飛び降りようとする矢吹を止めようとする由貴子。

「私がなんとかします、だから」

由貴子の説得もむなしく飛び降りてしまう矢吹。

 

圭太と娘の瞳

自宅で夕飯を食べる圭太と娘の瞳。

瞳は来月から月謝の高いバイオリンのレッスンを受けたいと話し、娘の夢のため快く許可する圭太。

その後、圭太は元妻の由貴子のFacebookを見る。

そこにはセレブな生活を送っている姿があげられていた。

なんで別れたのと瞳が聞くも、性格の不一致だと話す圭太。

由貴子は母と妻と弁護士を全てこなすのは無理、上を目指したいと言い出ていったのだった。

 

誘拐される瞳

圭太が仕事で現場に行き建物の建築確認検査をしていると、

非通知で電話がかかってくる。

「娘を預かった。3日以内に母親の仙台由貴子を探せ

いきなりそう言われ何を言っているんだと言う圭太だったが、

瞳の声もして慌てる圭太。

急いで由貴子に電話するも連絡は繋がらなかった。

 

その後由貴子が務めている法律事務所に向かうも由貴子は先週いきなり退職したという。

連絡もつながらないという。

 

次に圭太は瞳が通う学校に連絡するも瞳は着ていないという。

加えて最近休むことが多く、友達の真衣によれば2か月前くらいから部活も休み、塾も知らぬ間にやめていたという。

 

次に幼馴染の菜七子の実家の蕎麦屋に行く圭太。

そこには圭太の母親もいて瞳を見ていないか聞くも誰も知らなかった。

 

ただならぬ雰囲気を感じ菜七子が追いかけてきて何かあったと聞き、一連のことを話す圭太。

その後2人で警察に行き、事情を話しているとちょうど瞳から電話がかかってくる。

「さっきの話は嘘。しばらく帰りたくないの」と瞳がいい、メールでも「あたしは大丈夫」と送られてきて、

警察も家出なら別の担当を呼ぶと言って出ていく。

警察署を出ると、外には謎の男・二本松が見張っていた。

 

瞳の秘密

家に帰り瞳のタブレットを見ようとするもロックがかかっていた。

パスワードが由貴子の誕生日「0407」であり、あんなに嫌っていたのにと驚く圭太。

瞳のSNSを見ると、

「誰にも本音言えない」

「父親には特に。信用できない」

「母親に相談したいけど、無理。向こうはセレブだから。」

などと書かれていた。

また、インスタには伊達翼という男がどこかの店でピアノを弾く姿などが2か月前くらいから多数アップされていた。

 

また、瞳のお年玉貯金が下ろされていた。

 

そしてちょうど電話がかかってきて、相手は誘拐犯の二本松だった。

「警察にもう一度言ったら娘の命はない、一緒にいる女にも言っておけ。あと二日で仙台由貴子を探し出せ」

と話す二本松。

犯人が近くにいるとわかった圭太たちは急いで家を飛び出すと、

家の前には瞳のスマホとバイオリンが落ちていた。

 

犯人の要求通り由貴子を探し出すしかないと考える圭太であった。

 

由貴子の秘密

翌日、由貴子の住むマンションに行く圭太。

そこで由貴子が顧問弁護士をしていた帝東建設の宇都宮に会う。

宇都宮は由貴子と付き合っていたと言い、一緒に由貴子の部屋へ行く。

部屋は荷物がそのままで、宇都宮には一言「探さないで」とメールがあったという。

 

そして由貴子の本当の生活を知る。

由貴子のセレブな生活は全て見せかけのものだった。

借金までしてセレブな生活を演じていたという。

 

そして由貴子は脅されていたそうで、

電話で「10年も前の秘密、忘れて」と話していたという。

それを聞いてログハウスが燃える姿を思い出す圭太。

 

その後マンションを出た圭太は、

「由貴子お前、脅されていたのかあのことで…」とつぶやく。

 

由貴子の行方を捜す圭太

次に由貴子の実家である古びたアパートを訪ねる圭太。

しかしアパートには誰も住んでいなそうで、近くにあった昔由貴子と訪ねた定食屋を訪ねる圭太。

そこで話を聞くと、由貴子の母親は孤独死をしたという。

そして最近由貴子が金貸ししてる悪い連中といるところを見かけたという。

圭太はその連中の居場所を聞き会いに行く。

その連中も由貴子に連絡がつかないという。

 

その後取引先から建築確認検査を早めてくれないか、謝礼金を出すからと連絡が来る。

 

10年前の秘密

由貴子の手掛かりもつかめず家に帰ると、家の前で菜七子と瞳の友達の真衣が待っていた。

真衣によると、瞳はピアノを弾いていた伊達翼にならなんでも相談できると言っていたと言う。

そしてお父さん(圭太)は大事な秘密を隠しているとも言っていたと。

瞳はその秘密のことを聞くため由貴子と連絡もとっていたという。

真衣を返した後、菜七子が圭太に何か秘密を抱えているのかと聞く。

きついっしょ、1人で秘密かかえんの。私聞くよ?言っちゃいなよ

菜七子の言葉に話そうとするが、由貴子の言葉を思い出す圭太。

~回想~

由貴子「本気?ほんとに誰にも言わないつもり?このまま隠し通せると思う?」

圭太「しょうがないだろ、瞳のためだよ。俺だっていやだよ、秘密なんて。でもこれだけは隠さないと。瞳はもちろん、他の誰にも知られちゃだめだ。俺たちのためじゃなく、瞳のために」

由貴子「誰にだって一つや二つ秘密はある。大事なのは隠し通せるかどうか。その覚悟があるかってこと。圭太、この秘密墓場まで持っていける?その覚悟、ある?」

由貴子との会話を思い出し、菜七子には何もないと言う圭太。

 

瞳の監禁場所

瞳はどこかの部屋に監禁されており、二本松がマスクをつけ瞳に食べ物を出す。

逃げ出せば母親や父親の命はないと脅す二本松。

 

帝東建設

帝東建設で宇都宮は社長の長沼に呼び出される。

長沼に由貴子はまだ見つからないのかと聞かれ、

元夫(圭太)に会ったが何もつかめていないと話す宇都宮。

「元夫?仙台由貴子と手を組んだりしたら…」という長沼に対し凡庸な男なので危険はないと話す宇都宮。

仙台由貴子は危険だ。あまりにも多くのことを知りすぎた」と話す長沼。

 

その後部下から三日前に矢吹のマンションの監視カメラに由貴子が映っていたと報告を受ける宇都宮。

 

電話で何者かと話す二本松

電話で誰かと話す二本松。

「ええもちろん、手荒なことは何も。心配いりません。あとは計画通りに」

 

3日目

犯人のしていた3日目、圭太は由貴子が会っていたと思われる人物たちを訪ねるも、誰一人として知らないという。

途方に暮れていると、一本の電話がかかってきた。

相手は探していた由貴子だった。

由貴子「久しぶり。なぜあなたが私を探しているの?」

圭太「大変なんだ、瞳が誘拐された。今日中にお前を見つけないと瞳を殺すって」

由貴子「…犯人に心当たりがある。私が瞳を取り戻してくる。私さえいけば連中は瞳には用はないはず」

会話をしている中ふと前を見ると、歩道橋に由貴子の姿あるのであった…

 

ナレーション(圭太)「秘密のない人間なんていない。元妻にも、多分娘にも。もちろん俺にも…」

 

 

10の秘密2話に続く。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

10の秘密の1話の考察や感想

 

放送開始となった10の秘密。

とてもテンポよく話が進んで20分拡大でしたがあっという間に感じた第1話でした!

10年前の秘密とは何なのか?

犯人の目的は?

由貴子の秘密とは?

他にも気になる点が多いですね~

 

とりあえずいつもクールな役が多い向井理さんが、

父親となり娘のため奮闘する姿は新鮮ですね!

 

順番に考察していきます!

 

10の秘密のまとめ

オープニングには10人の登場人物が出てきます。

おそらくそのタイトルの「10の秘密」とは10人の秘密であることが考えられますので、その人物の秘密をまとめていきます。

 

※確定したものは赤文字。予想は?付き

関係する人物秘密の内容
1圭太(向井理)・10年前の秘密(誰かをころしている?)
2由貴子(仲間由紀恵)

・10年前の秘密(誰かをころしている?)

セレブな生活はみせかけで借金をしている

3菜七子(仲里依紗) 
4宇都宮(渡部篤郎) 
5翼(松村北斗) 
6長沼(佐野史郎)・帝東建設は建築基準法などを守っていない?社員に長時間労働をさせている?
7圭太の母親・順子(名取裕子) 
8瞳(山田杏奈)

・2か月前から学校を休みがちで塾を勝手にやめた

・本当は父親の圭太を信用していない

9二本松(遠藤雄弥) 
10宇都宮の部下・磐城(高島豪志) 

 

今回確定したのは瞳と由貴子の秘密ですが、

瞳は公式では「父親に話せない秘密を抱える。」とあるのでさらなる秘密を抱えているのかもしれませんね。

また、由貴子も10年前の秘密が最大の秘密なのでしょう。

 

10年前の秘密とは

圭太と由貴子がかかえる10年前の秘密。

おそらく圭太の回想より、

ログハウスが燃えていたことが関係しているのでしょう。

そしてその秘密は瞳のためであるようです。

今のところ手掛かりはこれぐらいですが、ログハウスが燃えていたので例えば誰かの命を奪ってしまったとかでしょうか?

それならば誰にも言えず、自分たちが逮捕されれば瞳が一人になってしまうから瞳のために隠し通すということにも繋がると思います。

ちなみに家族3人の回想でもログハウスが出てきましたが、異なる建物でした。

由貴子はこの10年前の秘密で脅されているようですが、遺族や目撃者だったり?

目撃者だとすれば、金銭を要求されているとかありそうですね。

 

そしてもう一つ考えられるのが、瞳が圭太と由貴子の本当の子供ではないという可能性です。

二本松が電話で何者かに

「ええもちろん、手荒なことは何も。心配いりません。あとは計画通りに」

と話していました。

手荒なことは何もというのは瞳に対してでしょう。

瞳を傷つけるつもりはないということですから、例えば燃えているログハウスの中から圭太たちが瞳を救い出し自分たちの娘として育てているとか。

瞳の本当の両親は亡くなり、祖父母などが瞳を探していたとか(かなり無理がありますが…)

 

ただ、上記二つの可能性もなぜ犯人は由貴子だけを指名しているのかという疑問が残るので違いそうですね🤔

今後の動きに注目です。

 

帝東建設の長沼の秘密

1話冒頭では矢吹という帝東建設の社員が由貴子の目の前で飛び降りました。

新聞記事に書かれていたように長時間労働によるものなのかもしれませんが、

社長の長沼の「(圭太が)仙台由貴子と手を組んだりしたら…」というセリフから、

建築に詳しい圭太が由貴子に協力してほしくないということが考えられます。

例えば建築基準法に満たしていない建物を建てているなど、建築に関わる違法なことをしているのではないでしょうか?

そして冒頭の飛び降りた矢吹はUSBなどを持っていたことから会社の秘密を知ったことで圧力をかけられ自殺した…など。

 

瞳を誘拐した黒幕の目的

娘の瞳を誘拐した犯人の二本松。

ただ、二本松は

「ええもちろん、手荒なことは何も。心配いりません。あとは計画通りに」

と何者かに電話をしていたので、瞳の誘拐にはさらに黒幕がいるようです。

そしてその黒幕の目的は失踪した由貴子です。

 

ただ、ここで気になるのはこの黒幕が由貴子を10年前の秘密で脅していた犯人なのか、

それとも由貴子を探す帝東建設の社長・長沼なのか、それともまったく別の人間なのかということ。

 

まぁ長沼が登場した後に二本松が電話していたので、

長沼が電話相手の黒幕というのはミスリードの気もします。

となると10年前の秘密で脅している誰かとなるのですが、

それもなぜ圭太ではなく由貴子だけを指名しているのかという疑問が残ります。

単なる借金の取り立て目的とかではなさそうなので、今後の動きに注目です。

 

由貴子には他にも秘密がある?アカウント(Facebookやインスタ)が実在?

由貴子は借金までしてセレブな生活を演じていたことがわかりましたが、

本当に誰にも馬鹿にされないぐらい上に行きたいという理由からそこまでしていたのかという疑問が残ります。

この秘密が瞳の誘拐に繋がっているのかもしれませんね。

だからこそ由貴子は失踪し、犯人は由貴子だけを指定してきたことが考えられます。

 

また、実際に仙台由貴子とFacebookで検索すると以下のように出てきます。

 

由貴子の顔が変わっている点が気になるんですよね🤔

本当に整形が秘密なのでしょうか(笑)

 

また、インスタグラムにはhitomi0603_sという瞳らしきアカウントがあったのですが(現在は削除されています)、

そこには写真は劇中のものと似ているのですが瞳など人物だが別人なのです。

たとえば背景のホワイトボードの文字は同じなのに人物だけが違ったり…

この別人が何を意味するのか?

 

今後の展開を見るにあたって頭の片隅に入れておいてもいいかもしれませんね。

 

菜七子の怪しさ

これは疑いすぎかもしれませんが、

菜七子が圭太に

「きついっしょ、1人で秘密かかえんの。私聞くよ?言っちゃいなよ」

と言っていましたが、

実は由貴子を脅していた人物、もしくはその協力者などかなとも感じました。

「私聞くよ?言っちゃいなよ」という優しさが逆に怪しく見えてしまいました(笑)

加えてなぜ圭太の家の前で瞳の友達の真衣と待っていたのかなと。

描写がないだけで以前から接点があったのかもしれませんが、

公式には

とんでもない秘密を抱える彼女に、周囲の誰も気付いていない。

とあるので菜七子の動向は要注意です。

 

翼は何者か?

瞳が会っていたピアノを演奏する伊達翼という人物。

公式の設定は以下の通りです。

瞳の音楽仲間の音大生。
瞳の気持ちを理解する兄のような存在で、ジャズバーでピアノを演奏するアルバイトをしている。
そんな翼のある秘密が物語を大きく動かすことに。

音大生で瞳のよき理解者であるようですが、翼も秘密を抱え物語を大きく動かすようですね。

たとえば前述した瞳が圭太と由貴子の本当の子供じゃない説だったとすると、

実は瞳の本当の兄だったり…

 

 

以上1話の考察をしましたが、

まだまだ不明なことばかりですね。

しかし様々な人物が秘密を抱えているという設定なので考察のし甲斐がありますね!

 

10の秘密の2話も楽しみです!

10の秘密の2話ネタバレ考察!翼の正体は10年前の事件の遺族?

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク